キャリア形成を支える仕組み


  • 物流オペレーター職

  • 設備メンテナンス職

  • ドライバー職

職種別のキャリアステップ

START!

新入社員研修
育成トレーナーからのOJT教育

物流業務の習得基本の業務を習得して、仕事や物の流れを理解します。

管理業務のフォロー先輩社員と一緒に少しずつ、
管理業務を習得していきます。

一人前の現場管理者へ現場の指揮や業務指示、トラブル対応などを行います。

その後は…

 本人の希望と、適性を見ながら配置・登用を行っていきます。物流センターでの仕事を続ける、設備管理、ドライバーへの転換、管理職を目指す、全国社員へ雇用形態を転換しチャレンジするなど、さまざまな道があります。

職種別のキャリアステップ

START!

新入社員研修
育成トレーナーからのOJT教育

物流業務の習得業務の基本を習得して、仕事や物の流れを理解します。

設備保守業務の習得日々の機械設備の点検や保守、部品の交換などを習得してもらいます。

現場監督・教育指導者へ工事の計画や、帳票管理、新入社員・後輩の共育・育成の担当も。

入社後
取得する資格

 クレーン運転特別教育、フォークリフト免許、研削砥石の取替え特別教育、低電圧電気取り扱い特別教育、新藤工具、有機溶剤作業主任者、職長安全衛生責任者、玉がけ特別教育、アーク溶接特別教育、ガス溶接技能講習、高所作業者運転特別教育(10m未満) など

職種別のキャリアステップ

START!

新入社員研修
育成トレーナーからのOJT教育

物流業務の習得基本の業務を習得して、仕事や物の流れを理解します。

輸配送業務担当部署
での業務習得

中型車、大型車の乗務へ「運転免許取得支援制度」を活用して、免許取得&配送業務についていただきます。

ドライバー職専任へ雇用形態を「地域社員」から「乗務職社員」へ変更いただきます。

その後は…

 本人の希望と、適性を見ながら配置・登用を行っていきます。
 また、ステップアップの年数は、免許の取得状況や習熟具合次第です。
 ドライバー職専任ではなく、庫内業務や輸配送管理業務に戻ることも可能です。

入社後の研修

3月 入社前説明会 入社後の流れの説明や上司との顔合わせ、入社書類の記入や制服の試着を行います。

4月 新人社員研修 2日間の研修を通し、社会人の基礎スキルであるビジネスマナーや報連相の重要性、会社概要などを学びます。最終日にはそれぞれ目標を立て翌日からの業務に備えます。
※2020年度・2021年度は新型コロナウイルス感染予防のため、入社式はWeb会議、入社時研修は配属営業所ごとに行いました。

9月~10月 半年振り返り研修 入社してからの半年間を振り返り、先を見据え目標を立てる大切さを学びます。 新たに目標を立て、達成のための施策を考え、翌日から実行できるように準備します。

翌3月 1年目振り返り研修 1年間を振り返り、5年先をも見据えながら明日から始まる2年目の在りたい姿を描いていきます。 新たに求められる役割も理解しながら自身のキャリアイメージを具現化していきます。

共育制度

OJT共育

 シーエックスカーゴの人財共育の基本は、実際の職場現場での共育(OJT)です。
日々の業務を通じて、上司や先輩から指導を受け、また部下や後輩を指導する「教え、教えられる関係」を築き、共に成長する環境を作っています。新入社員には育成トレーナーという共育担当者が付きます。

育成トレーナー

 先輩社員が育成担当となって、新入社員の育成を支援します。
 研修を受けた育成トレーナーが、「社会人として」「社員として」基本的なことから具体的な業務に至るまで、しっかりサポートします。

自己申告制度

 一年に一度、自分のこれまでのキャリアを振り返り、これからのキャリアについて考える機会を持つとともに、今後の配属に向けての参考とするための制度です。別職種への異動や雇用形態の変更など、これからのキャリアについて意思を伝えることができます。また、希望する場合は上司や人事部との面談を行うことができます。

通信教育

 生協のことや、マネジメントのことなど、生協グループの基礎的な知識について毎年1科目通信教育で勉強します。

シーエックスカーゴは教える人も、教えられる人も、共に成長する教育を目指していることから、「教育」ではなく「共育」という字を使っているよ。

キャリア・ライフステージの変化を支える制度

赴任手当

 入社時の引っ越しや事業所間の異動の際(会社規定に準ずる)に、入居時の住居契約費用(敷金・手数料)や転居費用を会社が負担します。また、支度金の支給で転居時のハードルや経済的な負担が少なくなるようサポートします。

産前産後休暇、育児・介護休業

 出産や介護などでお休みを取ることができます。
 性別問わず、取得可能です(男性の取得実績あり)。

【産休・育休を取った社員の声】 入社6年目に、産休・育休合わせて1年4カ月のお休みをいただきました。まもなく復帰というところで東日本大震災が起き、ちゃんと戻れるのか焦ったのを覚えています。
 休みの間は、そろそろ連絡とったほうがいいかな?というタイミングで会社から電話をもらったり、面談をしてもらったりと、定期的にやりとりをしていたのであっという間でした。復帰後も、いくつかの部署・仕事を経験させてもらい今があるので、その点ブランクを感じることもなかったです。
 産休・育休の取得者も増えているので、これからの方もぜひ制度を活用しながら、いろいろなことに挑戦して欲しいですね。

2004年入社 田島麻奈

ページトップへ